工業立国日本として

日本の工業の将来を考える

日本の工業の技術は世界一

近年では人件費の安い中国において大量生産などが発達し、今や世界の工場として君臨しつつありますが、もともとの基本的なことから応用までの工業の技術力においては、間違いなく日本が世界一といえるでしょう。日本はいわゆるモノ作りの国として知られ、メイドインジャパンは世界のブランドとして存在します。これは今に始まったわけではなく、たとえば昭和における高度経済成長は、工業分野の技術力の著しい向上の賜物といっても過言ではありません。そして今後も、特に自動車分野を筆頭に、世界を引っ張る存在として君臨し続けるでしょう。

日本の元気な工業とは

工業立国日本というのは、随分昔の事のように思われている向きもありますが、決してそのような事はありません。まだまだ元気な分野も沢山あります。長く進んだ円高と不況によって、日本の工場は多くが海外へと出て行きましたが、今、円安などの流れを受けて再び国内回帰の流れが出て来ています。これは多くが人件費の格差解消が原因と説明されていますが、もうひとつの大きな要因として、実は我が国の労働者の技術力が高い事も理由のひとつなのです。工場が帰ってくればさらに優秀な技術者も集まってきて工業はさらに伸びていくはずです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 日本の経済発展と工業 All rights reserved