日本の工業地帯とは

進化をつづける日本の工業

日本工業、海外との比較

工業製品は私たちの身近にあります。大まかに分けると5種類。鍋や台所用品などの金属、洗剤やせっけんなどの化学、テレビや車などの機械、お菓子やジュースといった食料品、洋服などの繊維です。日本は先進国と呼ばれるだけあって、諸外国と比較すると非常に進んでいると言えるでしょう。「太平洋ベルト地帯」と呼ばれる首都圏から北九州にかけての太平洋岸の範囲が非常に盛んです。四大工業地帯(京浜、中京、阪神、北九州)が長い間中心地と言われていましたが、最近では北九州の規模がやや小さくなってきました。しかしそれ以外の地域(北関東、鹿島臨海、京葉、東海など)と太平洋ベルトには数多くの発達した地域が存在します。

日本人のものづくりへのこだわり

日本の工業では、様々な商品を造っており、自動車や船等が主に挙げられます。ものづくりへのこだわりは、世界でも有名で現代でも更なる進化を遂げていこうとしています。様々な機械を使用して商品を加工するので、精度を高める事によって今以上の商品を造り上げる事ができて、社会のニーズに貢献できるような素晴らしい商品が出来上がります。こうして日本の工業は、時代と共に成長していき、世界でも通用する商品を造る事ができています。工作機械を使うなど危険と隣り合わせの作業もあるので、安全面にも最善の注意をしており、安心して作業をする事ができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 日本の経済発展と工業 All rights reserved