重要な排水処理装置

重要な排水処理装置には

工場に欠かせない排水処理装置

工場から排出される排水は環境負荷の高い物質が多く含まれており、大半の工場ではそのまま下水道や公共用水域に放流することはできません。かつて工場廃水を垂れ流しにして、多くの公害を発生させてきた反省から、今日では環境負荷低減に対する意識が高まっています。そのような社会的背景から、排水処理装置は排水を出す工場にとって欠かすことのできないものになっております。工場ごとに必要な排水処理装置はそれぞれ違います。最適な装置を設計することが重要です。

普段から浸水対策をしておく

浸水対策というとよほど洪水が多い地域に住んでいないとあまりピンとこない人も多いのではないでしょうか。しかし近年では突然の予想外の雨が降るゲリラ豪雨が各地で発生しています。数十年単位の今までにない集中豪雨によって、水害が起こっていなかった地域でも浸水してしまうケースが増えています。ですから大丈夫だと思っていても普段から浸水対策をしておく必要があります。外の排水溝をふさがないようにするなど、日頃から気をつけるとよいでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 日本の経済発展と工業 All rights reserved