世界で人気の日本工業

日本の経済発展と工業

世界から見た日本の工業製品

日本のGNPは中国に抜かれ、今や世界第3位となってしまいました。昭和の高度経済成長期から、日本経済の原動力となったもののひとつに工業製品があります。それは、テレビや自動車、バイクなどに代表されますが、これらを世界各国に輸出し外貨を稼ぐことで、膨大な貿易黒字を生み出してきたのです。その結果、国民の生活は豊かになり、人々の労働意欲を向上させ、国全体で安定した経済成長を持続させるという、好調な経済循環の基となっていました。GNPが3位であっても、我が国の工業技術力は他国に真似のできないレベルにあると言われています。その証拠に、中国や台湾の観光客は、メイドインジャパンの製品をこぞって購入していきます。いわゆる「爆買い」には、メイドインジャパンへの絶対的な信頼と安心感があるのだと考えられます。

日本の経済成長の理由

日本が戦後大きく経済成長出来たのはひとえに工業が大きく発展したからでした。他国が戦争によって多くの銃器を必要とした時に、日本の工業力がこの需要にこたえることで、大きく成長をしたわけです。品質と量という相反する両面で高い評価を受けたことで、多くの需要を取り込むことが出来て、戦後驚くほどの成長をすることとなりました。今では信じられないことですが、終身雇用というような優遇システムのようなものまで出来て、社員を他にとられないようにするというほどのことがおきていたのですからこれは信じられないぐらいの好況だったのです。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 日本の経済発展と工業 All rights reserved